« 願いのゆくえ | トップページ

君の膵臓をたべたい

171341_03
住野よるの小説を映画化。

膵臓(すいぞう)の病を患う高校生と同級生の“僕”の交流を、現在と過去の時間軸を交差させて描く。『エイプリルフールズ』などの浜辺美波と『あやしい彼女』などの北村匠海が主演を務め、現在の僕を小栗旬、ヒロインの親友を北川景子が演じる。

久しぶりの映画感想です。

映画のCMから、見てみたいと思っていましたが、DVDでやっと見ました。。。(笑)

上映後の評価がかなり高かったので、ハードルをあがりましたが、

単純にとてもいい映画でした。

原作の小説が良かったのもあります。

 「生きるっていうのは、誰かと心を通わせること。」

 「甘えていたんだ。残りわずかな余命を、彼女がまっとうできるものだと」

もっと、人と関わって、家族を毎日大切にしていこうと強く思いました。

自分の好きな物語の一つの「星の王子さま」の本も大きく関わっているのも、

いいと思う理由です。

原作も読んで、映画との違いを見ようと思います。

Dfncx7gx0aahfx1

咲良(浜辺美波)も、次の人生で楽しそうで良かった!!

では、また!!

« 願いのゆくえ | トップページ

映画・演芸感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 願いのゆくえ | トップページ

勝手にリンク

私の勤務先です。

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ