ことわざ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ふじのつぶやき。

こえ部

私の勤務先です。

無料ブログはココログ

« サイドウェイズ | トップページ | 一緒にいる時は窮屈に思えるけど、やっと自由を手に入れた僕はもっと淋しくなった(at darts history) »

C.M.B. 森羅博物館の事件目録

61at693mfql__ss500_

単行本は買ってませんが、月刊誌で読んでのオススメです☆

作者:加藤元浩

月刊少年マガジン掲載。

人体発火や幽霊騒動などの怪奇現象や伝説などから起きる事件を、

主人公・榊森羅と好奇心と体力が特徴の七瀬立樹が幾多の謎を解決していく作品。

 

言うなれば、推理漫画のカテゴリに入りますが、

自然に出る本音の飾らないセリフや、キャラクターの感情がとても素晴らしいです。

今回も、

幻の蝶を写真一枚だけで探す調査が、不可能と言われたとき、

森羅は、

この調査が失敗しそうな原因を、20個は挙げられる。

こんなことに時間を割かなくていい理由も30個は書ける。

それを壁に貼って、「探しに行かない自分は利口なんだ」って

思うこともできる。

でも、そんなこと絶対にしない。

幻の蝶が見たいから。

 

 

とても素直なセリフです☆

 

月刊少年マガジン(というか週刊少年マガジンも)は、

青春的な要素がつまった漫画が多くて、

変に裏読みせず、素直に読めるところが良いです。

ページ脇に、豆知識も載っているので、

見かけたらチラッと読んでみてください☆

 

次回の同カテゴリでの更新の時は、スポ魂青春の大変詰まった作品を紹介します。

 

五人衆のダーツ会、再来週に開催です☆

« サイドウェイズ | トップページ | 一緒にいる時は窮屈に思えるけど、やっと自由を手に入れた僕はもっと淋しくなった(at darts history) »

書籍・アート紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サイドウェイズ | トップページ | 一緒にいる時は窮屈に思えるけど、やっと自由を手に入れた僕はもっと淋しくなった(at darts history) »


名刺印刷屋が送る駅弁

ダーツリンク

勝手にリンク

勝手に推奨☆グルメリンク

勝手にオススメ☆旅リンク

勝手にダーツリンク

水どう&HTB勝手にリンク

Facebook